KALucky's Social Finance

アクセスカウンタ

zoom RSS 貧困者は貸出において信用できるか

<<   作成日時 : 2010/06/08 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FRBカンサスシティもマイクロクレジットにかかるレポートを刊行。
うーん。カバーすべき情報源が増える。
それはさておき、
The Creditworthiness of the Poor: A Model of the Grameen Bank
リンク先はMicrofinance Gatewayの紹介ページ。
アブストラクトより(しか読めていません)。
貧しい個人は、銀行とよい関係を持つことにより価値を置くから、彼らの方が安全な借り手であるとの主張には、同意できます。
独占的な金融機関を想定した際、そのような銀行はより収入が低いと思われる個人に焦点を当てる、というのもわかりますが、後半の”(a bank)will not disburse dividends until it reaches all the potential borrowers”は、よくわからない気が。
グラミン的考えでは、そもそも配当ってあるのでしょうか。そういえば、謝辞にグラミンの名がみえませんね。そういう、「場外」部分も気になります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貧困者は貸出において信用できるか KALucky's Social Finance/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる