ハンチントン銀行(米国)が中低所得者層向け住宅建設に1億ドル投入

Huntington Bank to Invest $100 Million in Affordable Housing Across Ohio
オハイオ州クリーブランドあたりの銀行がコミュニティ投資に取り組む、と。見かけない銀行名だなと思ったら、CDFI Fundの認証も取っていない普通の「コミュニティ銀行」のようです。
(脱線しますが、CDFI Fundには足を向けられません。Thanks a lot!!)
それにしても、このタイミングでの掲題規模(90億円!)の投入はすごいですね。
投資回収の絵、ビジネスモデルはきちんと描けているのか、むしろ心配になります。
(当ブログ過去記事(たとえばこれ)参照)
それとも金融危機後の今だからこそ、絵が描けるのでしょうかね?
(建設等にかかるコストが低下することで、回収キャッシュフロー要件も緩和か)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック