ショアバンクが破綻、業務停止に

コミュニティ開発銀行の嚆矢かつ代表的存在であるシカゴのショアバンクが、10/08/20に連邦預金保険公社FDICから業務停止を命じられた。預貸業務(15ヶ所の支店の運営を含む)は、新設されるアーバン・パートナーシップ・バンクが引き継ぐことになった、と。
FDICによる告知はこちら

FDICの示したファクトシートによると、居住用不動産ローンの資産劣化が急速かつ激しく、それに伴う損失が収入で賄いえない水準となり、持続不可能な水準まで資本が毀損される状態になったためである、と。
サブプライム危機以降の不動産競売の急増による不動産担保価値の低下や、景況悪化に伴う中低所得者層の収入の低減/不安定化によるローン返済原資(給与所得ないし家賃収入)の減少(に起因する延滞の急増)が、ショアバンクの中核貸出資産である居住用不動産ローンを直撃したため、と考えられる。

ビジネス・ウィークのウェブ版記事によると、ショアバンクのTier1資本は、昨年末時点で43.5M$あったものが、今年の6末時点では4.1M$まで縮小していたとのこと。同6月までの半年間での収支は▲39.6M$。これではもたない。

ちなみに、FDIC監督下の金融機関では今年114番目の破綻らしい。
なお、持ち株会社のショアバンク・コーポレーションは存続(傘下のショアバンク・パシフィックは存続)。ただし当然、ショアバンクに対する出資は「紙切れ」に。

いろいろな面で、非常に残念でならない。

【2010/09/01追記】
上記記事で「存続」と書いたショアバンク・パシフィックだが、2007年設立のコミュニティ開発銀行であるワンカリフォルニアバンク(カリフォルニア州オークランド)に買収されたと、08/21付で報道されていた。
記事はこちら
うーーん。まぁ、そんなもんだろうなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック