テーマ:メインストリーム

バンカメがOFNと組みCDFIに10M$を助成

ちなみにOFTとはOpportunity Finance Network、CDFI/コミュニティ投資の推進団体。 New Program Seeks to Unlock $100 Million in Small Business Lending 英文記事のタイトルは100M$。 10M$?どういうことかというと、SBAやUSDA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国「年金基金法」、発効から10年経過

10年前の7月3日が、「投資における社会、環境、倫理の考慮」を、世界で初めて法律体系に明文化し組み込んだ掲題法の施行された日、だそうです。 Landmark Sustainable Investment Law for UK-Based Pension Funds Is Ten Years Old ESGやら、マテリアリティといった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デリバティブ取引状況開示を求める株主提案(米国)

米国大手銀行にかかる話題。4月中にシティとバンカメの株主総会で、デリバティブ取引状況開示を求める株主提案についても、議事がおこなわれました。元記事はSocialfunds.comより。 Resolution on Derivatives Wins Strong Support at CitiGroup Shareowner Meeti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクト投資:リターン以上のものを求めて

New York Timesの記事より。With Impact Investing, a Focus on More Than Returns インパクト投資という言葉が一般化、定着しつつある様子。たしかに以前より、特に米国では「SRI(社会的責任投資)」はある種の社会運動的色彩を持つ言葉であり、メインストリームではどちらかというと好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KLDのGlobal Socrates

若干小さめのネタです。 KLDが同社第三世代のリサーチ・プラットフォームGlobal Socratesを開始した、と。 記事によれば、従来モデルよりもESGやCDPを意識したものになっている様子。 やはり、SRI、CSRの現在の重要用語は、ESG(とマテリアリティ)、CDPとなっていると言えそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボパールの爆発事故から25年

"Bhopal: 25 years later the echoes are still loud" Ethical Corporationの記事。 以前バルディーズ号の記事にも書きましたが、「ボパール」は思い出深いのです。 「閑話」は後回し。 「ボパール」は、日本では「バルディーズ」以上に、識っている人の少ない事件ではないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続FT 2009 Sustainable Banking Award

トップ(最新)のネタを変えたいので、無理やり記事を書くことにしました。 掲題の件、候補リスト、4/16に公表されていたのですね。全然、新しいネタじゃないけど、ご容赦。 参照した記事はこちら。 注目の今年新設のカテゴリー、Award for Achievement in Basic Needs Financingの候補は、Acume…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルディーズ号事件から20年

"20 years on from Exxon Valdez: what progress for corporate responsibility?" Ethical Corporationの記事。 ふむ。20年前のことなんですね。 現在の”CSR”につながってきた発端の一つともされる事件。CSRを語るなら、これくらいは知ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RiskmetricsがInnovestを買収

わからない人にはどーでもいいネタかもしれませんが、わたし的には興味深いニュースです。 Socialfunds.comの記事より。 ふむふむ。Riskmetricsのリサーチモデルには「4本柱」があるのですね。なるほど。 (「気候変動」、「それ以外の環境問題」、「労働と人権」、「倫理」) あと2ネタ用意がありますが、明日のアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Microfinance Sector: Its Success Could be its~

前回のエントリーはあまりに手抜き感がありましたね。すみません。 "The Microfinance Sector: Its Success Could be its Biggest Risk" 格付会社フィッチ(FitchRatings)が昨年6月に出したレポート。 根拠が明確でない(にもかかわらず)断定的な記述がところどころで気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FT Sustainable Banking Awards

すみません。さぼってましたm(__)m とりあえず、時効の中断を兼ねて軽め(ってかやや古め)のネタ。 FT Sustainable Banking Awards CGAPのニュースレターでも流れてました。 今年は新たなカテゴリーとしてAward for Achievement in Basic Needs Financing …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリッヒがマイクロインシュアランス

Zurich to Launch Microinsurance with Women's World Banking 先日、元保険会社関係者と呑んだ際、意外にうけたようでしたので、ここでもご紹介。 元記事はこちら。 記事を読むと、基本的にはBoP戦略のようですね。 まぁ、インパクトはあると思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The 2008 Who Cares Wins report

IFCとUNグローバル・コンパクト、スイス政府が、掲題のレポートを出した、と。 金融機関に対して、"advance efforts to integrate environmental, social, and governance (ESG) issues into mainstream investment decision-ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続可能な消費

WBCSDがまとめたレポート。"Sustainable Consumption Facts and Trends: From a Business perspective" どこかのマーケティング会社は必読ですな。って、誰もここを見てないだろうけど。 こちらをご参照。 サステナブルな消費の増進における企業の役割として3点が挙げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Socially Responsible Investing For Dummies

For Dummiesのシリーズから、掲題のが出るそうです。 うーーん。すごいなぁ。それくらいに一般化しているといえるでしょう。 どんなことが書かれているか、興味深いですね。 もう日本アマゾンでも買えるようです。こちらへ。 Socially Responsible Investing for Dummies (For Dummi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行関連不祥事リスト(2006年まで)

2006年の6月に別ブログに載せたエントリー「銀行の不祥事のリスト」。 なぜかあちらのブログの人気コンテンツらしかったりしますが、せっかくの金融の(非)社会性ネタなので、こちらに転載します。 ちなみに銀行の不祥事といっても、2000年より前は銀行員による職場がらみの犯罪(着服、詐欺等)ものせてみました。 銀行そのものによる不祥事と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金融危機下でも消費者は社会的課題解決に取り組む企業を高評価

原文タイトルは"Consumers Remain Loyal to Brands that Champion Social Purpose"。 SocialFunds.comの記事です。 エデルマン社の主催した第2回年次グッドパーパス研究(10カ国の消費者6000人に対する調査)によると、昨今の金融危機下の不況期においても、掲題の通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Client Protection Principles

低所得のファイナンス利用者を公正に扱い、潜在的に害となる金融商品から守ることを目的とする原則に、30を上回る金融事業者が調印したのだそうです。 ネタ記事はこちら(ソースはCGAP)。 これ自体は、とりあえず好ましいものであると思います。 原則内にある「高度な倫理基準に従うこと」というのが、個人的には微妙な気がしますが。 調印した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

預金保険=元本保証でソーシャルな意に沿った運用

某SNSの某コミュニティに書いたレスの続きです。 国内で可能な「預金保険=元本保証でソーシャルな意に沿った運用」の例として、今は亡き郵貯のボラ貯を挙げましたが、地域金融機関レベルだと実はそこそこあるようですね。 日経新聞朝刊首都圏経済面記事「環境定期 人気の芽」 千葉銀行のやつ(カーボンオフセット組み込み)は、CRM(コー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日経新聞記事「デビットカード使うたびに1円寄付 みずほ銀が環境保護団体に」

日経新聞08/07/16記事より デビットカード使うたびに1円寄付 みずほ銀が環境保護団体に  みずほ銀行は企業の社会的責任(CSR)活動の一環として、同行のキャッシュカードがデビットカードとして使われるたびに1円を自然環境保護団体に寄付することを決めた。今年4月から来年3月までが集計対象。環境への意識が高い個人顧客の関心を喚起し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生物多様性と持続可能な投資

PwCがWWFと協働で、Sustainable investments for conservation: The business case for biodiversityという研究をしたとのことです。 (これもASrIAのMNから) まだ全然読めていませんが(をぃ、結構面白そうな予感がします。 リリース(資料PDFのリンクも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行セクターの企業統治と気象変動

CERESより"Corporate Governance and Climate Change: The Banking Sector"というレポートが公表されてました。 ASrIAのメールニュースで知りました^^; リリース記事はこちら。 半ばどーでもいい話ながら、やはり気になるのは邦銀の状況。 3大メガの中で、某風車のCMの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日経スペシャル「ガイアの夜明け」 5月13日放送

こっちに上げるか、Days~に上げるか、悩むところ。 新銀行東京ネタもさることながら(あまりに突っ込み不足。まぁ、仕方無いのか^^;)、 愛知コミュニティ資源バンク、面白いですね。 もちろん、「NPOバンク」との関係で、です。 http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/previ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ethical Corporationの4/9の記事

ご無沙汰しちゃいました。いきなり再開します。 Ethical Corporationの4/9の記事、"Social Innovation: Good for you, good for me"が面白かったです。 紹介されていたVodafoneのM-pesaの事例と、Citigroupとの展開案が、特に興味深かったですね。 M-pe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The 3rd Annual Sustainable Finance Summit 2008

6/23-24にブラッセルで開かれるそうですね。こちらを参照。 かなり関心はありますが、いくら「400ユーロのディスカウントが今週金曜日まで延びました」と言われても、フリーの研究者には参加費が高価すぎます( ̄ω ̄ゞ 誰か参加してレポートよろしくm(__)m
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SIFのレポート"2007 Report on SRI Trends in US"

ブログの本格再開は年度替り以降となる見込みですが、時事ネタを一つ。 掲題レポートが今月初、公開されました。 Social Investment Forumのサイトをご参照。 K.A.Luckyがまず注目したのは以下の2点。 ①Exective Summaryしか、Freeで見られなくなったこと(をぃ でも、これって背景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more