テーマ:SRI

2010年の米国のSRIは3つの分野全てで2007年比増加

米国Social Investment Forum(SIF)の2010トレンドレポート。このネタで、あらためてブログを再開します。 1995年から2年毎に刊行されてきた、米国のSRIの計数等トレンドに関するレポート。サブプライム危機を経て、最新の状況がどうなっているのか、刊行が待たれていましたが、慣例(SIFのウェブには”bienni…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英国「年金基金法」、発効から10年経過

10年前の7月3日が、「投資における社会、環境、倫理の考慮」を、世界で初めて法律体系に明文化し組み込んだ掲題法の施行された日、だそうです。 Landmark Sustainable Investment Law for UK-Based Pension Funds Is Ten Years Old ESGやら、マテリアリティといった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシアで環境投資

CSRwireのニュースリリースより。 New Green development plan by Piraeus Bank ギリシアの政府機関とPiraeus Bank(初耳、情報なし)が、環境関連事業に4年間で15億ユーロの投資をおこなう、と。 経済復興の柱、シンボル的なものとするために、このタイミングでのリリースなのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インパクト投資:リターン以上のものを求めて

New York Timesの記事より。With Impact Investing, a Focus on More Than Returns インパクト投資という言葉が一般化、定着しつつある様子。たしかに以前より、特に米国では「SRI(社会的責任投資)」はある種の社会運動的色彩を持つ言葉であり、メインストリームではどちらかというと好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRI(ESG)調査機関M&Aネタのその後

このブログで何回かとりあげてきた(たとえばこちら)掲題ネタ。 旧イノベストの人々が新たなESGリサーチ会社を立ち上げた、と。 Innovest alumnus launches new ESG research venture 新会社Corporate Research Consulting(そのまま、ですね。ESGを名乗らないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Investor Circleの「トリプル・ボトム・ライン」

”Triple Bottom Line”というと、このブログでイベントの紹介をしたこともあるTBLIですが、Investor Circle(サイトのコピーがいいですね"Patient Capital for a Sustainable Future")にもあるようです。 CSRwireのプレスリリース。 “Ramping Up Su…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リスクメトリクス社」をめぐる再編劇に新たな展開

これまでこのブログでも紹介してきた、RiskMetrics社を中核としたSRI関連情報サービス供給事業者の再編劇に新たな展開が。 "MSCI Will Acquire RiskMetrics" ISSやKLD、Innovestを買収してきたRiskMetricsですが、今度はなんと、RiskMetrics自身が身売り! 15.5億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のSocialfunds.comのニュースレターより小ネタ2つ

①アップルはサステナビリティ関連情報の開示に消極的 ②2009年の米国SRIミューチュアル・ファンドの成績 ①アップル Apple Tells Shareowners to Reject Proposal for Annual Sustainability Report 持続可能性にかかる情報開示を求める株主提案に対し否決を勧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グーグルと中国:SRIの視点から

SRI関連情報で、掲題の「Googleと中国」関係の記事を、Socialfunds.comで発見。 “Google to Review Business Operations in China Following Cyber-Attacks” 記事のポイントは、Google他の動きの背後にはSRI/ESG重視の投資家の活動があるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小ネタ集:カンボジアとバングラデシュ、TIAA-CREF

①カンボジアのマイクロクレジットの利用者保護 ②バングラデシュ、BRACの創業者アヴェド氏が英国の騎士称号 ③TIAA-CREFがダルフール関連株を売却 ①カンボジアのマイクロクレジットの利用者保護 CGAPが掲題についての現状調査と政策提言のレポートを出しました。 “CGAP CONSUMER PROTECTION POLI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Riskmetrics社がまたもSRI調査会社を買収

今年2月のイノベスト買収(このエントリーを参照)に続き、今度はKLD(このエントリーなど参照)をリスクメトリクスが買収した、と。 ソースはSocialfunds.comの記事。 実は知らなかったのですが、リスクメトリクスは2007年にはISSの買収も行っていた由。 ISSはその以前にIRRCを買収していたわけで、わたしが以前からウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KLDのGlobal Socrates

若干小さめのネタです。 KLDが同社第三世代のリサーチ・プラットフォームGlobal Socratesを開始した、と。 記事によれば、従来モデルよりもESGやCDPを意識したものになっている様子。 やはり、SRI、CSRの現在の重要用語は、ESG(とマテリアリティ)、CDPとなっていると言えそう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロファイナンス投資ファンドは引き続き成長中

CGAPがこの9月に公表したMIVs(microfinance investment vehicles)調査報告書によると、2008年にMF投資ファンドは平均で31%成長した、と(新興国市場ファンドは20%減)。元記事はこちら。 現在のMF投資ファンドの特徴として挙げられているのが、固定金利商品比率の高さ(75%)と、ハードカレンシー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コミュニティ投資ハンドブック

SIF(Social Investment Forum)とGreen America(旧称Co-op America)の協働事業、Community Investment Centerが、信仰を基盤とする投資家のためのコミュニティ投資ハンドブックCommunity Investing: Toolkit for the Faith Com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PRIがルールを守らない6社の強制退出を企図

"PRI plans to kick out six signatories for non-compliance" 元記事はこちら。 8月末で強制退出措置となる見込みの6社(最少で)がどこであるかは、現時点では非公開。 同措置がとられる理由は、報告書の未提出。未提出は16社ということで、「問答無用」というわけではなさそう。 価…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

社会的株式取引所@アジア

実はちょっと古い5月前半の情報です。 "Social Stock Exchange Asia (SSXA) to be Launched in Singapore" ASrIAのニュースより。 シンガポールで、「社会的株式取引所SSX」がスタート。 SSXとは、社会性を有する事業体に対して資金を供給する仕組み、といいましょうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブプライム・クレジット・カード その後

昨年9月にFRBボストンの機関誌で拾ってここに書いたネタ、サブプライム・クレジット・カードの問題への関心が広まりつつあるようです。 この記事によると、SRI関係で著名なICCRが、この問題に関して、Citigroup、JPMorgan Chase、Bank of Americaに対して、predatory(餌食的)な事業活動を改めるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続可能な金融の推進団体がG20に参加

これもいつものSocialfunds.comの記事によると、下記の6団体が、現下の金融危機を持続可能な政界経済をつくる好機とすべくG20を訪れたのだそうです。 通常、社会的責任投資で言われるESG(環境、社会、ガバナンス)のみならず、MDG(ミレニアム開発目標)についても言及した由。 やりますね。SRIもMDGに接近か。となると、S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロファイナンス機関も債権証券化を積極利用の流れ

"More MFIs securitising loans to raise funds" インドでのMFIの貸出債権の証券化の記事。出典はこちら。今年の3/17ですか。 なるほど。借入するより調達コストが安く使いやすい資金調達を期待、と。 サブプライムの轍を踏まないためには、格付けがポイントになりますね。 公的金融機関にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Global Microfinance Investment Congress

再開します。m(__)m さて、その1本目は、掲題のイベント。第2回目だそうです。 5/19-20、New Yorkで開催。特設サイトはこちら。 うーーん。久々にマジで行っておきたいイベントですね。MFへのinvestmentという考え方が好きです。 (もちろん、それがfits allじゃないことは、ベトナムでの視察でわかってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ政権とCDFI

まず、ネタはこちら。いつものSocialfunds.comで、この記事。 オバマ大統領の「経済刺激策」の中に、CDFIに関連する多額の資金投入の計画があるとのこと。 2008-09年に、New Market Tax Creditに30億ドル(3,000億円)の追加投入、2009年にCDFIファンドに1億ドル(100億円)の追加投入(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SustainAbilityとGlobeScanの協働事業

このネタについては、ソースがメールのみで、参照ページはありません。 (正確に言うならば探していません) 掲題の両社がパートナーシップを組み、年次サステナビリティ調査を開始するのだそうです。 年に4回(ロングバージョンは年1回、あとはショートバージョン)、1000人を超える”エキスパート”に対してreachする由。 この3月から始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RiskmetricsがInnovestを買収

わからない人にはどーでもいいネタかもしれませんが、わたし的には興味深いニュースです。 Socialfunds.comの記事より。 ふむふむ。Riskmetricsのリサーチモデルには「4本柱」があるのですね。なるほど。 (「気候変動」、「それ以外の環境問題」、「労働と人権」、「倫理」) あと2ネタ用意がありますが、明日のアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The 2008 Who Cares Wins report

IFCとUNグローバル・コンパクト、スイス政府が、掲題のレポートを出した、と。 金融機関に対して、"advance efforts to integrate environmental, social, and governance (ESG) issues into mainstream investment decision-ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TBLI Conference Asia

掲題が今年の5月28-29日に東京で開催されるそうです。 ソースはこちら、ASrIAのサイト。 プレゼンターもスポンサーも募集中のようですね。 参加してみたいところだけど、参加費、高いんだろーなぁ( ̄ω ̄ゞ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CDVCAの2009 Annual Conference

3/5-6にワシントンで開催される由。案内はこちら。 是非とも行きたいけれど、USD700あんど交通費宿泊費は、現在支払能力がありません。orz 誰か奢ってくれないかなぁ(をぃ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more