テーマ:戦略的CSR

国連Global Compact周辺の持続可能なマネジメントにかかる動き

UNのGlobal Compactが、デロイトと共同で開発した持続可能なマネジメントのための新マネジメントモデルと、アクセンチュアと実施した世界各国のCEOの意識調査『持続可能性の新時代』が、先月リリースされました。 UN Global Compact Management Model(PDF直接リンク) A New Era of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロファイナンスの事業多角化展開

「多角化」といっても、融資以外の他の金融サービスの提供という話です。 WSJの記事(ここで紹介するのは断りがない限り無料記事です) Finding the Next Micro Opportunity マイクロファイナンスのサービスの多角化は必要と考えます。 クレジットだけが金融サービスではないし、重要なのは、受容的(一部のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サステナビリティと消費

5月の中下旬に掲題関連のリリースが2つ、出ていました。時系列に従い紹介。 1つは、5/19リリースのコーン社のレポート。 Companies Fail to Engage Consumers on Environmental and Social Issues 2つ目は、5/27リリースのLOHAS市場調査。 LOHAS Mar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろなNGO/NPOとどう付き合うか

小ネタです。Ethical Corporationの記事から。 NGOs and activists - Zealot, hypocrite or genuine article? 類型化、なかなか良くできていると思います。ほとんど「あるある」ネタ。 日本でも使えそうですね。 周りの見えない熱狂者やら怒れる行動派やら微笑む営業マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ethisphere誌の「最も倫理的な企業2010」

2010 World’s Most Ethical Companies この雑誌と「トップ100」は、正直初耳でしたが、2007年からやっていたようです。 やはり「ランキング」はいろいろと耳目を集めやすいから、目玉になるのでしょうね。ランキングに入った企業も宣伝に協力してくれるし。 さて、ざざっとみてみると、かなり広い業種の企業を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボランティアをマッチングするiPhoneのアプリ

掲題が米国で提供されはじめた由。 “VolunteerMatch for iPhone Launched to Help Mobile Users Connect with Volunteer Opportunities on the Go” アプリを使って、ボランティアをしたい人とボランティアを求めるNPOとをマッチングする、と。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「企業責任」に強いPR会社

小ネタなので、もう一つアップ。 CR Magazineの1-2月号で、広告会社のCR(Corporate Responsibility)領域に関する顧客満足度トップ10が紹介されていました。 “The Ten at the Top” 前回記事で触れたCone社ですが、5位に入っています。 得点レベルでみると、5位までがトップグル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その企業は本当に「エコ」?

ある企業について環境にやさしいという認識が持たれることと、その企業の確証可能な開示データとの間には相関は無いという米国の研究があるようです。 “Study Finds No Correlation Between Consumer Perception of Corporate Environmental Performance an…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週のSocialfunds.comのニュースレターより小ネタ2つ

①アップルはサステナビリティ関連情報の開示に消極的 ②2009年の米国SRIミューチュアル・ファンドの成績 ①アップル Apple Tells Shareowners to Reject Proposal for Annual Sustainability Report 持続可能性にかかる情報開示を求める株主提案に対し否決を勧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CSRと株主の権利

面白い表現をみつけました。 Ethical Corporationの記事より。 "CSR: Is it time to change the ownership of our best companies?" この中の、people that enjoy the benefits of ownership (a share of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業のCSR関連予算、CDFIファンドの来年度予算

時事ネタ的なものを二つ ○企業のCSR関連予算、減額は意外と少 Ethical Corporationの刊行したレポートHow to embed corporate responsibility across different parts of your companyの宣伝メールによると、経済危機下における諸予算カットの中、CS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会や環境への取組みを統合したMBAコース

米国のシンクタンクAspen Instituteが” Beyond Grey Pinstripes”と題して、社会や環境を統合した世界のMBAコースのTop100を、2年毎に調査を実施し評価を公表しています。 ウェブサイトはこちら。そして最新ランキングはこちら。 ランキングに日本の大学院はありません。まぁ、そうでしょうね。 でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業の持続可能性指標情報を提供:SustainLINK

最近ネタ元として活用中のCSRwireの記事の中で、同上サイトを偶々発見。 「サステナビリティ・スコアカード」による企業の情報を提供。 サイトをみるとECOコンシャスな銀行のページがあるなど、金融関係(特に銀行)の情報が多いようですね。 (実は元記事は以前このブログでもとりあげたウェインライト・バンク関連のものでした) ここもウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続可能なビジネスの百科事典

エシペディアEthipediaというのが始まったそうです。紹介記事はこちら。 運営主体はカナダ系。だから、英語とフランス語なんですかね。 「持続可能なビジネス」事例のケーススタディが80件あまり(しかもフリー)というのはそれなりに魅力的かも。 ばばばっとみたところ、全体的には小規模感はありましたが。かといって、「社会的企業」とも違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LBG Research Instituteによる企業寄付調査

"Corporate Giving Is Moving Into a New Age, According to Survey Released by LBG Research Institute" 掲題調査によると、企業による寄付は景況不順のため、金銭寄付に代わり、従業員のボランティア奨励やインカインド(現物)給付を増やす傾向にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボパールの爆発事故から25年

"Bhopal: 25 years later the echoes are still loud" Ethical Corporationの記事。 以前バルディーズ号の記事にも書きましたが、「ボパール」は思い出深いのです。 「閑話」は後回し。 「ボパール」は、日本では「バルディーズ」以上に、識っている人の少ない事件ではないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GlobescanとSutainAbilityの"Suatainability Survey"

掲題サーベイの第1回、2009春の結果レポートが来ていました。 以前ここのこの記事で紹介したやつ。 2,238人からの回答の集計結果だそうです。 主な内容を簡記しておきます。以下、持続可能な発展をSDと略記します。 ・最も切迫したSDにおけるチャレンジは、新鮮な水と気候変動とする回答が多かったようです。 ・企業は環境や社会的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルディーズ号事件から20年

"20 years on from Exxon Valdez: what progress for corporate responsibility?" Ethical Corporationの記事。 ふむ。20年前のことなんですね。 現在の”CSR”につながってきた発端の一つともされる事件。CSRを語るなら、これくらいは知ってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年次報告書への非財務情報開示の義務化@オランダ

Cooper, Ben (2009) "Danish reporting rules", Ethical Corporation, March 2009 すみません。同誌の無料記事です。有料購読は、そのうち可能になったときに。 ふむ。ノン-ファイナンシャルな情報を年次報告書に掲載することを求める法律が、オランダでできたわけですね。対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CROマガジンの100 Best Corporate Citizens for 2009

評価対象がRussell 1000インデクスに入っている企業のみなので、日本企業の名は見られません。 100社のリストはこちら。評価基準もリストの方でご確認ください。 金融業(保険等も含む)で100社に入ったのは、9社。多いとみるか、少ないとみるか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SustainAbilityとGlobeScanの協働事業

このネタについては、ソースがメールのみで、参照ページはありません。 (正確に言うならば探していません) 掲題の両社がパートナーシップを組み、年次サステナビリティ調査を開始するのだそうです。 年に4回(ロングバージョンは年1回、あとはショートバージョン)、1000人を超える”エキスパート”に対してreachする由。 この3月から始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリッヒがマイクロインシュアランス

Zurich to Launch Microinsurance with Women's World Banking 先日、元保険会社関係者と呑んだ際、意外にうけたようでしたので、ここでもご紹介。 元記事はこちら。 記事を読むと、基本的にはBoP戦略のようですね。 まぁ、インパクトはあると思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Global 100 Most Sustainable Corporations 2009

”2009 List of Global 100 Most Sustainable Corporations in the World” カナダのCorporate Knights誌が、Innnovestの協力を得て、2005年から公表している掲題リストが公表された、と。 ESGへの取組みについて評価している、と。 日本企業は15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more