KALucky's Social Finance

アクセスカウンタ

zoom RSS ボランティアをマッチングするiPhoneのアプリ

<<   作成日時 : 2010/03/25 11:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

掲題が米国で提供されはじめた由。
“VolunteerMatch for iPhone Launched to Help Mobile Users Connect with Volunteer Opportunities on the Go”
アプリを使って、ボランティアをしたい人とボランティアを求めるNPOとをマッチングする、と。あなたの希望するエリアと技能/職種にあった、あなたを求めるボランティア先がみつかります、みたいな。
単なるガジェットと言ってしまえばそれまでですが、面白いと思います。専用ウェブサイトにアクセスするよりも、ハードルが低く感じられそうですし。ん。未経験者のハードルは変わらないか。むしろ障害の高さは(ウェブ閲覧)<(アプリ設定)かも。でも、ボランティ・リピーターには便利そう。
アプリの開発と資金回収のビジネスモデルをよく知らないのですが、日本でも同じようなのができれば面白いですね。ソフトバンク、社会貢献でやってみたらいいのに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もうiPhoneあればなんでもできそうですね。
件のアプリ自体は自分がiPhoneもっていないので細かいところまでは分かりませんが、こういう物まで作られてしまうあたり、やはりガラケー主流の日本とスマートフォンが普及している海外の違いなんだと思います。
日本で同様のサービス普及させるにはiモードなどでの独自携帯サイト(もしくはアプリ)の開発が必須ですね。
そしてそれがビジネスモデルに乗るか、それともキトクな方がそれこそボランティアで開発するのを待つか…
ぶるー
2010/03/26 00:22
コメントありがとうございます。
ぶるーさんの言う「日本と海外の違い」というのもあるでしょうね。そして「日本で普及させるには独自携帯サイトの開発」にも同意です。
でも個人的には、「作りました」で終わらせないために、日本NPOセンター的な(日本財団あたりもありえるか)団体の協力を得てソフトバンクがアプリをつくり、宣伝をばんばん打つのが、一番可能性がありそれなりに望ましい関心喚起策と考えますね。
K.A.Lucky
2010/03/26 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボランティアをマッチングするiPhoneのアプリ KALucky's Social Finance/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる